今日は風俗で遊ぶぞ!というときに、ドリンク剤などを飲んで気合を入れる人も、案外少なくないのではないでしょうか。赤まむしやすっぽんなどがいいと昔から言われていますが、実はそれで「ガッツリ元気になる!」ということではないのです。

もし「立たないけど立たせたい」なんて時には、専門医に受診してED治療薬を処方してもらうのが一番です。赤まむしやすっぽんなどがなぜいいかのかといえば、セックスって気持ちがいいから夢中で射精に向かって突き進んでしまいますが、実は「2週間分の食事に匹敵するエネルギーを消費するような行為」なんです。

もちろんえっさおっさしていることで消費するのではなく、「精子を作る」「精子を貯める」「精子を放出する」この一連がそのエネルギーに匹敵するということなのですが、当然体力が落ちているとそれも上手いようにはいきませんよね。

栄養価が高く、良質なアミノ酸がたくさん含まれているものが、男性機能を高め、疲労回復にも役立つのですから、すっぽんなどが「セックスに役立つ」ということになるのです。

すっぽん飲んだらギンギンになるよ!ということではなく、セックスしたいと思うほど疲労が回復するよとか、セックスの後に疲れを感じないよとかに結びつき、その結果「あれ?2回できた!」なんてことがおこります。

余程その栄養素に身体が飢えていると、効果もテキメンかもしれませんし、若いとそれだけ早く体感することもあるでしょう。

サプリやドリンク剤を飲んだその日は風俗に行っても「なんか調子がいいぞ!」なんてことは理にかなった話です。しかし往々にして「普段から疲労回復に役立つものを体に入れる」ということに心がけておかないと、「今飲んだから、今役立ってくれ」というのは、なかなか難しいでしょうね。

「その時の疲労」には効く可能性は大ですので、けして無駄ではないんですが。特に高麗人参が入っているものなどは、その時の疲労を軽減させてくれることに役立つようです。

即効性はないが風俗遊びの前に何飲む?ということなら高麗人参やスッポンエキスなどが含まれているドリンク剤ということになるでしょう。

また肝臓が疲れていると、生殖機能に影響が出てしまいます。普段、「肝臓に良いとされている食べ物やサプリ」などを取り入れておくといいのでは?値段が高いのと安いのではどっちがいいかといえば、高いほうが良質の栄養素がフンダンに含まれているものです。

Published by Fuyuki Zyuukiti