デートクラブは風俗とは違い、愛人紹介業みたいなものだと何かで読んで知っていました。風俗に行かないことはありませんが、あのやれ40分だ90分だと急かされるのも嫌で、またホテルの1室でことが全て終わるというシステムもあまり好きではありません。かといって出会い系サイトも得意ではありません。

その時にデートクラブのことを思い出しました。そしてネットで調べて問い合わせを行ったのです。いろいろな女性とデートがしたいということではなく、好意が持てる一人の女性と関係性を築きたいという気持ちがありましたから、私にはデートクラブは良いシステムのように感じました。

それに会員の女性もごく普通のお嬢さんたちばかりですから、写真で見る限り擦れている雰囲気の方はいらっしゃいませんでした。

その店が気に入って会員となり、その女性を紹介してもらいました。会ってみるとお互いが好意を持ち、私は彼女にマンションを借りてあげて、月々の生活費なども援助し、暇なときにはそのマンションで二人で過ごしたものです。

旅行なども行きました。もちろんデートクラブへは最初の紹介の時にセッティン料を支払うのみで、後は個人的なお付き合いになります。

クラブが介入してくることはありません。しかし彼女のお母様がご病気になられ、彼女は地元に帰らなければならなくなりました。それは仕方のないことでした。

彼女とのことが一段落つき、私の気持ちも整理できた頃、他のデートクラブに登録してみました。最初のデートクラブよりも会費などが低いのが若干気になりました。

案の定、女性からたくさんお誘いを受け、そのたびにデートクラブにセッティング料金を支払い、いざジィ性に会ってみると、その日に関係を持つことでいくら欲しいといった交渉をいきなり始めるような女性ばかりで、さすがに驚いてしまいました。

これでは風俗と変わりません。寂しいというか、私の求めていたものではありませんでした。以前お願いしたデートクラブに再度お願いすることにしました。

同じデートクラブでも、様々なものがあるのだと知りました。入会金や会費などが高ければ、そこに在籍する女性の質もいいように思います。

この歳になれば会うたびに身体を重ねたいというのでもありませんから、女性の質が高いと感じるクラブのほうが好ましく思えます。

入会金や会費、セッティング料金は、安心材料の一つと理解しています。高ければいいというものでもないのでしょうが、料金と見合っているのではないでしょうか。

Published by Fuyuki Zyuukiti